投稿

1月 8, 2017の投稿を表示しています

山陰ぼっち旅2日目 ~出雲路自転車道と出雲大社~

イメージ
昨年の夏、一人ツールド大山の翌日は宍道湖の自転車道を使って出雲大社まで。

この日仮眠したネカフェの居心地が良くってちょっとのんびり。
デポ地に向かい、途中のコンビニで買ったおにぎりを頬張りスタート。


まずは島根県立美術館前の「宍道湖うさぎ」。

12匹のうさぎが走ってます。湖から2匹めのうさぎを西に向いてナデナデすると幸せが訪れる
らしいのですが、シアワセのカテゴリが「良縁」とかの方向なのでオサーンにはまったく
関係ないみたいですw(でも一応ナデナデしておいた。万が一、あやかれるかもしれないし)



後ろの建物が県立美術館。ココからの夕日も綺麗みたいですね。
このあたりの地域は夕日スポットもあるせいなのかとても整備されていて、
地元の方の憩いの場所&観光スポットになってる。ごみも落ちて無くてとても綺麗。


シジミ採りで賑わう宍道湖を西へ走って行きます。
宍道湖温泉を通過してしばらくは国道沿いを走ってたんだけど、どんどん路側帯が狭くなってきて
楽しくない道に。 きっとこのあたりから自転車道があるのだろうけど、せっかくの宍道湖なので
眺めながら走ろうと決めていたのでしゃーないか。

そうそう、途中ピナレロ大プッシュのバイクショップを見かけた。ここまであからさまに
特定のメーカーを推してるお店は初めて見たのでちょっと新鮮。
あまりに路側帯がなくなってちょっと面白くなくなってきたので湖岸沿いの裏道を走ってみたりしたもののあっさり国道に戻されたりしながら走る。


程なくして



やっとはっきりとした標識に出会うことが。良かった良かった。


だいたいこんな感じらしい。今回はまぁ適当にということで、大雑把に覚えただけでルートのログも
ナシ。なんとかなるでしょ・・くらいで。





宍道湖沿いからほどなくして斐伊川(ひいかわ)沿いの道に。揖斐川(いびがわ)が近い岐阜県民としてはちょっとした感動を覚えつつ、誰もいない道を走っていく。いろんな事を考えながら、でもめんどくさくなって何も考えずただペダルを回して景色をみながら。


ちょっとサイクリングロードを外れて木綿街道なるところへ。


「島根県の東部に位置する出雲市平田町。
東に宍道湖、東西を貫流する船川と水路に恵まれたこの地域は、古くから商家の荷を運ぶ市場町として利用されてきました。 とくに、江戸末期から明治初期にかけて、「平田木綿」は、大阪や京都で良質の木綿…